• home>
  • ブログ>
  • Editorial Calendarでカレンダーの並びが左右逆になる

blogブログ

Editorial Calendarでカレンダーの並びが左右逆になる

WordPressでスケジュールやイベントを管理するシステムをつくることがあります。
しかしWordpressはブログソフトなので、「投稿一覧」には投稿日順にずらっと記事が並ぶだけで、目的の記事を探すのが大変になってきます。

そんなときに役立つのが、「Editorial Calendar」プラグイン。

「Editorial Calendar」の管理画面

投稿一覧をカレンダー形式で見ることができ、直感的にどの日に何の記事があるか分かります。
月単位で表示され、前の月、次の月にも移動でき、とても見やすくなります。

そんな「Editorial Calendar」は日本語化もされてるのですが、最近その日本語化のせいで少し困った症状が起きています。
カレンダーは普通左から右へという順番で表示されますが、右から左へという逆の順番で表示されるようになってしまったのです。

曜日(赤囲み)も、一番右に月曜日がきてしまっている。

これでは実用に耐えません。
現象に気づいたのはH28年11月あたり(Wordpress 4.6.1)。
その少し前はこのような現象が起きていなかったので、原因を探ってみました。

プラグインのソースファイルを見てみると、

/*
* We want to add the right to left stylesheet if 
* we're in a right to left language.
*/

というコメントがあり、その次にrtl.cssという、右から左へ書く言語(アラビア語など)向けのスタイルシートを読み込む設定があります。
現象的にこのあたりに原因があるような気がしました。

試しにWordpressの言語を「English」にするとカレンダーの曜日の並びが正しく表示され、「日本語」にするとやはり曜日が右から始まってしまいます。
Wordpress本体かプラグインのどちらかで、日本語が右から始まる言語として処理されているのではないかと推測しました。

rtl.cssを読み込まないなどしてみたのですが解決せず、他に方法を探していたところ、プラグインの翻訳ファイルに行き当たりました。
wp-content/languages/plugins/にある

  • editorial-calendar-ja.mo
  • editorial-calendar-ja.po

をリネームして翻訳を反映されないようにしたところ、解決しました。

カレンダーが左から右の並びに直った。(翻訳ファイルがないせいで「Show Unscheduled Drafts」などは英語になっている)

思えば症状が出た前に、管理画面の「更新」で翻訳のアップデートがあった覚えもあるので、そこで翻訳の更新をしてからの症状だったのかもしれません。

現在も最新バージョン(Wordpress 4.7.2/Editorial Calendar 3.6.3)で不具合が解消されていないので、同じ症状で困っている方がいればお試しください。